子供は大喜び、サンタクロースからプレゼント

もうすぐクリスマスですね~!

クリスマスと言えば、プレゼントですよね~!

私の子供達は既に成人していますので、もうプレゼントを渡す事はありませんが、小さい頃は親も一緒に楽しんでいましたね!

私は二人の女の子の父親ですが、ず~っと子供達を騙し続けました。

子供達は最初はプレゼントの事は理解していません。

しかし、物心ついた頃には、誰がこのプレゼントをくれたのだろうと考えます。

そして、それがサンタクロースだと知るんですよね!

しかし、今はテレビや、友達などから色んな情報が入り、少しづつ実はサンタロースは両親だって事に気が付きます。

私はそれが嫌だったんです。 そこでず~っと「サンタクロースが運んで来た!」と言い張ってきました。

お姉ちゃんは小学校1年まで、信じて痛そうです。

実はその小学校1年のクリスマスにちょっとした事件が・・・。

いつもの様に娘たちにプレゼントを用意し見つからない様に隠しておきます。

クリスマスの朝、彼女達の部屋にそっ~と侵入、枕元にそっとプレゼントを置きます。

私の両手がプレゼントから離れた瞬間、おねちゃんが目を開けたのです。

後で娘に聞いたら、どうしてもサンタクロースの正体を知りたかったんだって!

と言う訳で小学校1年の時に現行犯逮捕と言う訳です。

しかし、下の娘は非常に素直で、友達にバカにされながら小学校6年まで信じていたそうです。

その理由は・・・。

お姉ちゃんと同じ小学校1年のクリスマスイブ、下の子はしつこく私に聞いて来るんです。

「サンタさんってだれ??」 って、私はいつもの様に「サンタさんはサンタさんや!」と答えていました。

しかし、あまりにしつこいので、「自分で確認したらいいじゃん!」と言ってしまいました。

お姉ちゃんは寝ずに、サンタクロースの真犯人を見つけましたが、妹の方は寝たら起きない事をしっていたので・・・

すると、何を思ったのか、サンタクロースに手紙を書くと言い出しました。

そして、広告の裏になにやから書き始めた。 もちろんオールひらがなで、「サンタさん、プレゼントありがとう。 サンタさんはだれですか?」と書いてある。

サンタクロールはお父さんかも知れないと疑っているのに、私の所に「これでいいかなぁ?」と手紙を持ってくる。 そこまでは頭が回らないらいしい。

私は、「サンタさんは日本語読めるかどうか分からないよ!」と答えました。

さて、その夜、私は英語で、 「To〇〇〇  Mary Christmas From Santa  」と言う手紙を書きました。

勿論、広告の裏に・・。

筆記体の英語で・・。

さて、25日の朝、早めに起きて手紙とプレゼントをそ~っと置きました。

セット完了!!

私はそのままリビングに行って、まったりしていると・・・。

二階の娘の部屋のドアを思いっきり空ける音、階段を下りてくる音、廊下を走ってくる音、そして・・・。

リビングのドアが開いて・・。

「お父さん!! サンタさんからお手紙が来たよ~!!」

大きな声で叫びながら、リビングに入って来た。

「読んで!」って言うから、ナイスな発音で読むと・・。

すごく嬉しそうでした。 プレゼントより、サンタさんからの手紙の方がうれしかった様です。

それから、疑いながらも、友達にバカにされたながらも6年生までサンタクロースを信じていたそうです。

ここまで行くと少し申し訳なかった気がしています。

3年生くらいで自白した方がよかったですね!

皆さんも気を付けてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です